#21 VR心頭滅却すれば火もまた涼し

心頭滅却すれば火もまた涼し

心を静め、深く物事に集中すれば火も熱くなどは感じない。

火を熱く感じるのは集中が足りないからであるといふ

体育会系精神論の極地とも言えることわざ。

運動中に水を飲むなの上位互換です。

集中していれば、精神を研ぎ澄ませていれば余計なものなど感じないらしいです。

集中していれば、精神を研ぎ澄ませていればこそ火が熱いことくらい気づく気もしますがそこはほら

火あぶりなう

火を熱く感じないほど集中できるのであれば素晴らしい事です。

しかしいかに集中していたとしても火に炙られていることには変わりないので大怪我をしてしまいます。

点滴レベルの重度の熱傷です。

いくら集中力を高めるためとはいえ、実際に試行するには少々リスクが高い気がします。

そこで、その環境下を低リスクで作り出す本件を提案致します。

VR心頭滅却すれば火もまた涼し

VRを活用して火中を再現。

極めて高い安全性を確保しつつ、本来ならば重度の熱傷を負わなければ手に入らなかった卓越した集中力を手に入れる事が可能です。

塾や部活など複数名での現場への導入は、炎を天井や壁、床に広範囲で描き出すことができるプロジェクションマッピングも推奨されます。

消防隊の訓練等への導入に際し、視覚効果は抜群ですが、実際の現場で想定される熱気や煙の吸引など視覚以外の不確定要素の感覚は全く磨かれませんので注意が必要です。

やはり熱いものは熱いと素直に享受することが望まれます。

熱いもんは熱いんです。

☆素直が大事、、、!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大