#2 あの日の分まで舐めれば良い「飴リコーダー」

帰らざる良き青春をお過ごしの方の中には、

あの時にあのリコーダーを舐め尽くしておけばよかったと、

後悔と未練の念を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

その過去の未練へと決別をつけるべく、飴で作製されたリコーダーの商品企画を提案いたします。

飴リコーダー

飴でできています

これならばリコーダーを舐めることに一切遠慮をする必要はありません。

時間を忘れ、思う存分心ゆくままに舐め溶かしてやれば良いのです。

 どれだけ悔やんでも、どれだけ技術が進歩しても過去を変えるという願いはきっと叶うことはないでしょう。

だからこそ自分の意志で過去の未練を断ち切り、

そして新たな業と自責の念を背負って生きてゆくのです。

甘さと苦さの共存。

人生も青春もそんな感じです。

要は今も青春という事です。

たぶんだけど。

☆過去のわだかまりも舐め溶かす…!

こちらどうぞお舐めください

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大